〒107-0062 東京都港区南青山2丁目26-38
TEL 03 (3404) 8447 (代) / FAX 03 (3404) 8107

文字の大きさを変更

平成30年 開山忌・能楽奉納

※この行事は終了しました。

梅窓院の開山祖、南龍和尚の御忌法要を行います。
開山上人へのご供養と報恩感謝の法要です。
また、法要後に能楽を奉納します。
なお、法要と能楽ともに一般の方も参列、鑑賞できます。
ともに費用はかかりませんので、ご家族・お友達お誘い合わせの上お越し下さい。


※昨年の能楽奉納の様子。

日 程
平成30年6月9日(土)
14:00 ~ 写経 於 4階 法堂
15:00 ~ 開山忌法要 於 2階 本堂
16:00 ~ 清興 (能楽) 於 地下2階 祖師堂

能楽からのご鑑賞は行っておりませんので、法要からのご参列をお願い申し上げます。

演 目  半能「熊坂」 はんのう くまさか

あらすじ
旅の僧が美濃国 赤坂の宿に着くと、一人の僧に呼び止められ、今日はある者の命日だから弔って欲しいと言って、自分の庵に案内する。そこには仏像が一つも無く、多くの武器が並んでいるので不思議に思い訊ねると、僧は「山賊や夜盗に襲われた人を助ける為に武器を置いてあるのだ」と教えます。やがて夜も更け、僧は旅僧に寝るようにすすめ、自身も寝室に入るように見えたのですがその姿は消え、また庵室も消えただの草むらになってしまいました。旅の僧が読経していると熊坂の霊が現れ、吉次一行を襲撃した様、またその中に牛若丸が居て返り討ちに合った様を語り、旅僧に回向を頼んで消えるのでした。
半能では、熊坂の霊が現れ牛若丸に討たれた事を物語るところを上演します。
牛若丸との激闘を鋭い長刀さばきにて再現し、ダイナミックな動きを見せるのがこの能の見所です。

入場料 無料

出 演 観世流能 橋本 忠樹(はしもとただき)
1974年京都生まれ。東京藝術大学音楽学部卒。重要無形文化財総合認定保持者。
観世流シテ方橋本礒道長男。父及び故片山幽雪、片山九郎右衛門に師事。
3歳で初舞台。大学在学時には、観世流26世宗家 観世清和、故藤波重満、野村四郎、各師に師事。
大学卒業と共に片山幽雪師の許で内弟子修行を積み2001年独立。独立後は、若者に能楽の魅力を伝える新たな試みに挑戦し、他ジャンルとの共演、お寺・神社やバーでの能公演など、若者が気軽に能や日本の古典に触れられる機会を企画し公演を行っている。海外にても公演し、チュニジア国では初の能公演、その後もドイツ、アメリカ、フランスでの公演に参加している。



※写経は奉納料1000円頂戴致します。(事前申込制・定員24名)
※当日法要終了後(15:30頃より)出演者より能・演目の説明があります。また、演目のあらすじの資料を配布しますので、初めての方でも安心してご鑑賞頂けます。
※行程は変更になる場合があります。
※お車でのご来場はご遠慮下さい。
※どなた様もご参加いただけます。お申込みの必要はございません。
※団体での参加を希望される場合は、事前にご連絡をお願い致します。

お問合せ

*お問合せは 梅窓院 青山文化村まで*
(受付時間 10:00~18:00)
TEL 03-3404-8588/FAX 03-3404-8436
E-Mailは こちら

※混雑が予想されますのでお車でのご来場はご遠慮ください。
※寺院棟1階よりお入りください。